Let’s Encrypt 中間証明書エラー (Nginx)

Let’s Encrypt 中間証明書エラーの対応 ssl_certificate /etc/letsencrypt/live/lab-mem.com/fullchain.pem;->以下のよう
Let’s Encrypt 中間証明書エラーの対応 ssl_certificate /etc/letsencrypt/live/lab-mem.com/fullchain.pem;->以下のよう

PySparkのデータ読み込みと書き込みのまとめ

前書き PySparkのデータ読み込みと書き込みコードをまとめていきます。 データ読み込み ParquetファイルをDataFrameに読み込みます。 df = spark.read.parq
前書き PySparkのデータ読み込みと書き込みコードをまとめていきます。 データ読み込み ParquetファイルをDataFrameに読み込みます。 df = spark.read.parq

EC2初期設定 よく使うコマンド (追加EBS xfs)

接続されたディスクを確認 fdisk -l マウント済みのディスクデバイスを確認 df -h※表示されるディスクはフォーマットしない フォーマット(ファイルシステム:ext4) mkfs -t xfs
接続されたディスクを確認 fdisk -l マウント済みのディスクデバイスを確認 df -h※表示されるディスクはフォーマットしない フォーマット(ファイルシステム:ext4) mkfs -t xfs

scikit-learnでk-means法によるクラスタリングしてみる

ライブラリをインポートする import pandas as pd import numpy as np from sklearn.cluster import KMeans from skle
ライブラリをインポートする import pandas as pd import numpy as np from sklearn.cluster import KMeans from skle

M1 Macでx86_64のコンテナを動かす

こんにちは、クラウドサーカス CEG福岡でIZANAIの開発をしているやまさんです。 今回は、M1 Macでアーキテクチャの異なるコンテナイメージを動作させる方法のご紹介です。 M1 Macでx84_
こんにちは、クラウドサーカス CEG福岡でIZANAIの開発をしているやまさんです。 今回は、M1 Macでアーキテクチャの異なるコンテナイメージを動作させる方法のご紹介です。 M1 Macでx84_

文字列の類似度を計算する

前書き 今回は二つの手法で文字列の類似度の算出をやってみます。 レーベンシュタイン距離法(Levenshtein distance) レーベンシュタイン距離法とは、一文字の挿入(insertions)
前書き 今回は二つの手法で文字列の類似度の算出をやってみます。 レーベンシュタイン距離法(Levenshtein distance) レーベンシュタイン距離法とは、一文字の挿入(insertions)

EC2初期設定 よく使うコマンド (追加EBS ext4)

接続されたディスクを確認 fdisk -l マウント済みのディスクデバイスを確認 df -h※表示されるディスクはフォーマットしない フォーマット(ファイルシステム:ext4) mkfs -t ext
接続されたディスクを確認 fdisk -l マウント済みのディスクデバイスを確認 df -h※表示されるディスクはフォーマットしない フォーマット(ファイルシステム:ext4) mkfs -t ext

EC2初期設定 よく使うコマンド (SWAPの追加)

1.5GBのスワップを追加する free -m dd if=/dev/zero of=/swap bs=1M count=1536 mkswap /swap chmod 0600 /swap cat
1.5GBのスワップを追加する free -m dd if=/dev/zero of=/swap bs=1M count=1536 mkswap /swap chmod 0600 /swap cat

初めまして、niffyと申します。

目次 自己紹介 これまで 趣味 これから 自己紹介 初めまして、2021年10月1日よりCloud Circusにjoinしましたniffyと申します。 神奈川県横浜市出身の25歳です。 Cloud
目次 自己紹介 これまで 趣味 これから 自己紹介 初めまして、2021年10月1日よりCloud Circusにjoinしましたniffyと申します。 神奈川県横浜市出身の25歳です。 Cloud

EC2初期設定 よく使うコマンド (Historyフォーマット、一般ユーザのbashプロンプト変更)

Rootユーザと区別するためvim /etc/profile 最下行に追記 HISTSIZE=10000 HISTTIMEFORMAT='%Y/%m/%d %T ' PS1="\[\e[1;32m\]
Rootユーザと区別するためvim /etc/profile 最下行に追記 HISTSIZE=10000 HISTTIMEFORMAT='%Y/%m/%d %T ' PS1="\[\e[1;32m\]