このブログについて

はじめまして
スターティアラボで技術部門の責任者をしているものです。

この度スターティアラボの技術者ブログのオープンすることができました。
立ち上げに協力してくれた方々へは感謝をお伝えさせていただきます。

世間的には企業の技術者ブログなんて今更普通のことだと思うのですが、実は私にとってはこのブログの立ち上げは「変化」というものを実感した瞬間でした。

私達の部門はスターティアラボ株式会社が、デジタルマーケティング領域で「企画」「販売」などを行っている10以上のITサービスを「設計」「開発」しているエンジニアリング部門です。

なんと設立から10年ほどの間で毎年1つ以上のサービスを開発しローンチしている実績があります。

会社の中でも非常に癖が強い人も多く、まさにジュラ紀。
良く言えば個性を生かしてパフォーマンスを最大化している組織とでも言いましょうか。

今でこそ技術拠点が3拠点、総勢17名の技術組織になりましたが、私が入社した当時は営業出身の上長と未経験のエンジニアだけで、「the エンジニア」出身は私が1人目の組織でスタートしました。

  • プログラムなんてみんな知りません。
  • デザイン?とにかく動けばなんでもいいよ精神。
  • マシンスペックなんていわゆる化石。
  • データは個人のローカルPCで管理される。
  • 納期遅延やトラブルなんて日常茶飯事。

エンジニアだった私の声はなかなか周りにはピンときません。
簡単に言うとこんな環境でした。

今ではそんな組織が会社をリードする存在になり、技術職の社員が働きやすい環境が整ってきました。

自分たちで考えた未来を実現していける自信と技術力が身についてきました。
自然と「Think より Do」悩んだり考えてばかりいるよりやってみようぜとなりました。

賛同されようがされまいがやるべきだと思ったことを皆で行動し結果を積み重ねてきたからこそ、私にとってはこの小さな「変化」を感じる瞬間が嬉しくてたまりませんし、その変化が成長に繋がっているということを成果という形で証明し続けていきたいと自らを鼓舞しています。

これからもスターティアラボの技術職が成果に繋がる行動がとれるように、企業としても個人としても全力でサポートしていきます。

Startialab dev blog”もその一つです。

このブログを通じてスターティアラボの技術部門が何をやっていて、どんな文化や考え方を持っているのかも知って欲しいですし、当然最先端のテクノロジーを人間らしく切磋琢磨追求している姿が見せられたらと思っています。

2019年6月11日